もしもし

「あの、今ちょっとだけだいじょうぶ?」

教わったことのない

f:id:fuhlime:20170113220122j:image



去年の大晦日のラジオで、中居くんが「教わったことのない1年でした」と言っていた。
25年もの間、一番輝くスターをやってた人がそう言っていた。*1


わたしはこの1年どうだったかなあと思ってふとこの言葉を思い出しました。もちろんスケールも背景も違いすぎるんだけど。「教わったことのない」はじめて知る気持ち。聞いたことはあるけど〜みたいな、知りかけてはいるけど〜みたいな、簡単に言えば「大変」とか「辛い」とかなんだろうけど、もう少し繊細で幾重にも重なった感情に、ひとに言いようがなくてでも自分でも向き合い方のわからない感情によく出会った気がします。


だけれどいつになっても、壁の超え方ってわからないものだなあと思います。その度に困って弱って、周りの人や過去の自分の様子を見るけど、ぴんと来たことないんだよなあ。もちろん話聞いてもらったり、糧になってる経験に励まされることはあれど。それでもどうにか、気付いた時にはなんでもないような顔ができていたりして、「強くなる」「大人になる」ってこういうことかぁって、なんとなく淋しくなる。もうわたしは壁超えられちゃうんだなぁ、みたいな、ポジティブなことなはずだけれど、意外とそれだけでもないんだなぁとか、思う。そのことも、「教わったことのない」ことだった。



でもずっと、「たいへんな思いをした人ほど、やさしくなれるんだよ」と、中学時代に母がくれた言葉がわたしを守ってくれてるような気だけは、しています。


そんなことを思う、今学年最後の日。単位もらえますように…。

*1:放送は最初から最後まで聞いたよ、と一応記す