もしもし

「あの、今ちょっとだけだいじょうぶ?」

はじめる

わたしは1996年生まれです。


物心ついた頃にはインターネットは普及済み、携帯電話もSNSもちょうど思春期の始まりと同時に一気に広まっていた世代。
そんな我々は『ネオ・デジタルネイティブ』世代と呼ばれるらしい。カッコイイ。どうせ批判的意見を浴び続けるので、名前だけはカッコよくて嬉しい。
その中でもわたしは、ITが、というかMacがずっと身近にあって、それは親の仕事の関係なのだけど、あのどデカイ三角形の置物時代からリュックに入れられる今のProまでずっと、そばにあったわけです。
そのおかげで、良いんだか悪いんだか、中学の頃からPhotoshopElementsをいじり出し、SNSにもあれこれ手を出していて、結構活発な(?)ブログもやっていました。


無数にある中からテンプレートを選んだり、また自分で作ったり、HTMLやCSSを改造し、ヘッダーを作り。
(でも結局今はできるようになったかと言われるとやっぱり調べながらしかできない、嗚呼、永遠の素人)
Macが熱くなるまでその名の通りラップトップで文章を作って、誰かさまのコメントを待っていたあの頃を思い出しながら、今日久しぶりにこの立ち上げ作業をやりました。ああ、ワクワクした!!
あの頃はちょくちょく文章をお褒め頂いていて、自分では全く何がなんだかのまま文章を作っていたので心底恐れ多かったのだけれど、唯一言えるとすれば、『書く』より『作る』感覚だったなあ、と。ことばを組み立てて、リズムを作って、消したりもして、の繰り返し。とってもすきだった。
今でもすきなブログ、すきなひとの日記は時々覗きに行って、内容や文体に惚れ惚れしている。長年読んでるからこそ面白いところもあってすき。ネオなんとか、万歳!
憧れてもそのひと達のようには書けなくて、かと言って自分の文章(と字)だけはいつまでも客観視できなくて、でもまあそれはそれで良いと思うようになった今日この頃。


だから、わたしの愛しのはてな*1で、再び、ひっそりこっそり、日記をはじめます

*1:はてなブログって、はてなダイアリーよりもカスタマイズ性その他諸々劣るよねっていう話、サービス開始からしてたけどそのまんまなんだなぁ