もしもし

「あの、今ちょっとだけだいじょうぶ?」

2017年 美大生的買ってよかったもの9選

お題「2017年を振り返る」
今年どういう年だったかとか、来年はこういう年にしたいとかを全て省いて、今年作業周りで使える買ってよかったものをまとめたいと思います。
わたしと同じように、美大デザイン科に通いながら/週の半分くらいは渋谷目黒エリアで働く(要するに移動時間が長い)/一人暮らしをする/20代女子 がいたら少し参考になるかもしれませんが、しかし基本的には既に満たされた購買欲求をまとめて改めてにやにやするという省エネな根暗一人遊びです。あと、良いもの素敵な人をきちんと褒めるって大事だと思う(唐突)。
作業時の効率化とわくわく増量のおかげで具体的にパフォーマンスとやらに効果があったかと聞かれても自信はないけれど、きちんと中身のある人間になろうと努力はすると思いました。見せかけじゃないようにがんばるから形から入ってるとしても許してほしい…


▼PC周り・ガジェット系

logicoolのマウス M720

これが今年ベストかな!ほんとに買ってよかったですありがとうございます。Logicool Options(専用アプリ)で各ボタンの機能を割り当てられるから、画面キャプチャ(しかも保存先がファイルかクリップボードか選べる)、デスクトップ間の移動、webブラウザの戻る/進むが一瞬、な 上 に !、ボタンにキーボードの割り当てもできるから(文面カオス)、エンターキーとか⌘C⌘Vあたりもボタンひとつでできる、それがすべてアプリケーションごとに設定できるだなんて…慣れたら作業効率ちょう上がった…!あとグリップ感もいい。重たくないし、あとやっぱりこだわってBluetooth選んでよかった。まさに手を動かしている!生きている!という感じ!Macに対応してるマウス、もっと増えたらいいのにね〜。

iPad

画面の大きさが違うだけならiPhoneさえあればいいか…と、買う理由がないと思っていたけど、Macbookで作業している時に、iPhoneMac内別デスクトップでPintrest見たり複数ファイル開いてたり、あとアイドルの動画見たりした時に「サブディスプレイ欲しい…」と思っていて、ただ大きさが邪魔だなあと思っていたら、なんとiPad『Duet』ってアプリでサブディスプレイ化できるとな。Proとかなり迷ったけれど、差額分とできることが釣り合わないなあと思って、第二世代にした。Apple Pencileがもうちょっと安かったらなあ。でもそれで満足して、作業時は利便さを噛みしめているし、電車内とかイベントごとの時にデータ(特にLINEとかメールで送られてくるPDF)が見やすかったりするのもよいです。

・スタンド

MacBookを机の上で使う時に背中が丸くなって肩が痛くなるんだけど、(まあこれ使ってもなるんだけど、)これがあると目線が高くなって見やすくて、肩もややマシになる!と思う。結局…姿勢の問題なんだけど……

・ACアダプター 2ポート

小さくて立方体に近くてかわいい、のに24Aの力!どっちかだけ挿して使ってる間めちゃくちゃ充電が早いです。これから生きていくにつれてACアダプターに依存していくんだろうな〜ひぇ〜〜

Google home mini

store.google.com


これは意地でも「買ってよかった」に入れたい!バイト先(IT系の教室)近くで半額で売ってるからって7人くらいで駆け込んで特設コーナーの店員さんすらをも苦笑いさせながら爆買い観光客さながら列をなして買っていきました。要するにノリだ。赤信号はみんなで渡れば怖くないし、AIスピーカーはみんなで買えば悪くない。
使うかどうかわかんないなーと思ってたけど、音質が良いからクラウドミュージック専用ではあるもののちゃんとしたスピーカーになってるし、何より一番は「OK google,ニッポン放送流して」でradikoが起動するところに感動して恋におちた。悪くない。これからアプデしていくと思うと我が子の成長を見守るようなもんだ!がんばれ!がんばって…!
ちなみに普通のとminiだと内蔵されてるスピーカーの性能しか違わないらしく、音にこだわりがない限りminiの方が断然良いと思うなあ。


▼文房具系

・折りたたみカッティングマット A3

これ!場所を取らない上に、なみなみ線で折れるから、広げた時に縦に使ってもつっかえないんです。天才じゃないですか!?!?
しかもちょっと離れて見るとなみなみ線が見えないから、とても折りたたみとは思えず、自分のものだと気づかず忘れて帰りそうになるレベルです。

デルフォニックスのポーチS

文房具用とコード用で使っている。生地が柔らかいから見た目より大容量だし、ポケットの多さが優しい。わたしもこのポーチみたいな人になりたい。

フリクションボールペン 0.5mm

これは本当に好きで5本持ってる。わたしフリクション系の宗教に入ってたっけというくらい信仰している。これを使ってると惜しみなくメモ書ける、なぜかあんまりもったいないと思わないでインクを使える。相性なのかなあ。好きです。

・テープのり

コンポジションの検討を紙でする時とか、簡単なプロトタイプを作る時とか、大変役に立ちます。とかそれっぽいことを言うけれど、結局ガサツマンはスティックのりでさえ周りにベタつきを残してしまうのでこの手軽さに感謝する他ないのです…。サッと出してペリペリって貼るだけ。しかもこのペリペリっていう音が聴覚に小さな幸福を与えるタイプのペリペリ。黄色の貼ってはがせるタイプはわたしのインターン先でも大量にストックがあるくらい便利。





こんなところです。生活雑貨も気になって実際に買ったものもあるのですが、まとめる気力がありませんでした。
気が向いたら、あなたの今年買ってよかったものをこっそり教えてください。職業年齢性別問いません。切り売りした自分の生活と引き換えの他人の生活の片鱗で好奇心に火をつけられるタイプです。
それでは、良いお年を!また半年後くらいに記事を上げたいです!

温湿布

ネットの海は深くて醜い所もあるけれど、どこかのだれかの知らない場所まで自分の作品や言葉が届くってハッピーじゃない?

ということをちびっ子に伝えたり伝えなかったりしながらIT教室で働き、帰って来て、どこかのだれかが見るかもしれない所に今、文章を書きたかった。


なぜかというと、そのバイト帰り(連日めまぐるしく頭を使った)に、おそらく特性ですらある注意欠損を発揮して、また大ヘマをして、何人かにご心配ご迷惑お騒がせをして帰ってきました。で、お詫びの「成長しないフワフワマインドでごめんなさい」というLINEに、「フワフワマインドいいじゃん」って返してくれた人がいた。それを見て、肯定してくれたことに泣きそうになってしまった。甘えちゃまた治らないんだけど。肯定ってなんてあたたかい正義なんだろうと思った。
これは、似たようなことがあった時に(似たようなことはある度々ある)もらった言葉、「ボケはツッコミがいればだいじょうぶ」に並ぶ肯定であり温湿布であり抱擁だった。 

こんな風に誰かのそばに立ってそのままを受け止めてあげられる人になりたいなあと、いつも思う。歌でいうと、自称「ミス・大丈夫」のYUKIちゃんも、それでいいんだよって伝えるのが上手。優しさと言えばシンプルだけど、優しさのあったかさ、温度ってその人から滲んだ、その人由来のものだなぁと思う。


そんな人たちに支えられながら、うまくいかないところを持ちながらわたしはわたしをやれてる。と思う。

だから、どこかの誰かに届くかどうかの場所に、文章を書きたかったのです。


教わったことのない

f:id:fuhlime:20170113220122j:image



去年の大晦日のラジオで、中居くんが「教わったことのない1年でした」と言っていた。
25年もの間、一番輝くスターをやってた人がそう言っていた。*1


わたしはこの1年どうだったかなあと思ってふとこの言葉を思い出しました。もちろんスケールも背景も違いすぎるんだけど。「教わったことのない」はじめて知る気持ち。聞いたことはあるけど〜みたいな、知りかけてはいるけど〜みたいな、簡単に言えば「大変」とか「辛い」とかなんだろうけど、もう少し繊細で幾重にも重なった感情に、ひとに言いようがなくてでも自分でも向き合い方のわからない感情によく出会った気がします。


だけれどいつになっても、壁の超え方ってわからないものだなあと思います。その度に困って弱って、周りの人や過去の自分の様子を見るけど、ぴんと来たことないんだよなあ。もちろん話聞いてもらったり、糧になってる経験に励まされることはあれど。それでもどうにか、気付いた時にはなんでもないような顔ができていたりして、「強くなる」「大人になる」ってこういうことかぁって、なんとなく淋しくなる。もうわたしは壁超えられちゃうんだなぁ、みたいな、ポジティブなことなはずだけれど、意外とそれだけでもないんだなぁとか、思う。そのことも、「教わったことのない」ことだった。



でもずっと、「たいへんな思いをした人ほど、やさしくなれるんだよ」と、中学時代に母がくれた言葉がわたしを守ってくれてるような気だけは、しています。


そんなことを思う、今学年最後の日。単位もらえますように…。

*1:放送は最初から最後まで聞いたよ、と一応記す

はしゃぐ

f:id:fuhlime:20160710124403j:plain


夏だ!海だ!花火だ!ビールだ!
ミーハーだからそういうの全部やりたくなってしまう。
ちょっと遠出して太陽をさんさんに浴びながら呼吸をすると、漠然とわたしは夏の子どもだなあと思う。

7月生まれ、はしゃぎ時は夏休み。
部活とか受験勉強とか、今だって課題もあるし、
(なぜだかさっぱり分からないけど)夏っていつも救いようのない悩みがあるから、すぐにセンチメンタルになったりするし
でも夏のわたしは、いつでもはしゃげる準備をしてると思う。だからお願い、はしゃがせてくれよ、と思う。


それと、暑い暑いって言いながら、制服着て裸足で屋外プールの掃除だけはしたかった。


この話したらドン引きされたことあるな…
結局日陰で涼んでるのが落ち着くタイプなのかな……

週末の言葉

f:id:fuhlime:20160529100016j:plain



週末、フィールドワークとは名ばかりに、遠方へ出かけてきました。朝一で本来の目的の現地調査もどきをして、海を見て、温泉に入って、民宿で昼寝をして、美味しいご飯を食べて帰りました。3週間に1回は緑か青に囲まれたいなと思うのだけれど、朝4時台に家を出てフルで遊んだ結果数日ぐったりしているというのは元も子もないような、そんなこともないような…。
その疲れが取れた時が本当のリフレッシュ時なのでしょうか。




さて、その週末にいい言葉をもらったのでメモ。

  1. 「傷つくことも楽しめるようになってきたから、もうこっちのもんよ」

バイト先のカッコイイ女の人が言ってたカッコイイ言葉。名言集で引けば出てくるかもしれないけど、一回り近く違う生身の人間から発せられたら、こりゃ〜痺れる。わたしもいつかこんな風に言えるようになれたらなあ。言いたい。


  1. 「『七転び八起き』は立ってるところスタートなのが良いよね。転んだら起き上がるしかないからさ。」

こちらとてバイト先の先輩の言葉。お互いの座右の銘的四字熟語を探した後、『七転八起』と『七転八倒』の違いに混乱した後、の話。言われてみればそうなんだけど、転んだらよいしょと立ち上がればいいんだなあとぼんやり考えてた。

春が来た

f:id:fuhlime:20160425113428j:image

薄桃の桜の花びらを号令にして、新しい春に入ってきました。
これからもっと暖かくなって、キラキラした木漏れ日にときめいて、じめじめした梅雨を抜けて、暑い暑い夏が来たあと、生ぬるい夜風に切なくなって、しばらくしてクーラーを切り出した頃、わたしの今年の正念場がやってくる。


気持ちまで先読みしたって実際は百倍も複雑だけれど、とりあえず正念場までは、たくさんの気持ちを身体に纏わせて(そうそれは綿菓子のように)もくもくしながら、生きていきたいです。



気、張ってます。
なんてね。